空文具通信記。

主に文房具などをレビューしたり紹介したり。

憧れのホワイトスター。

こんばんは!少し間が空きました…申し訳ない。

最近、新作のポケモンにどっぷりハマってしまってます。テスト期間だというのに…

点数が落ちれば、ポケモンのせいですね!

というわけで今日は、モンブランのマイスターシュテュック クラシック。別名を165。

レビューも兼ねて紹介します

f:id:sora3567:20161124225231j:image

このような感じですね。天冠にはモンブランを代表するホワイトスターがあります。

今回紹介するのはシャーペンですが、

マイスターシュテュックは誰もが憧れる一品なのではないかと思います。

もちろんそれに応えるように、出来も素晴らしいです。

軸はレジン(強化樹脂)で傷もつきにくいですし、内部の機構もしっかり作られています。

シャーペンなどは、重心が低い方が疲れにくいと言います。

こちらのペンは、やや上にあるのですがそれにもかかわらず、安定していて疲れにくく、

軸径もバランスが良く握りやすいです。

ペンとして個人的にも最高峰の使いやすさなのではないかと思います。

f:id:sora3567:20161124230142j:image

上部を時計回りに半回転させると、カチッと芯が出てきます。

これは少し慣れるのが難しいような気もします、、

もう1つマイナスな点は、中の芯の出し入れがしにくいことですかね。

毎回、口金を回して取り、中のシャープメカを取り出しというように少し手間がかかります。

そこは少し扱いにくいところかなと思います。

 

レビューはこのような感じですかね。

やはりホワイトスターがあると周りのペンまで映えるような感じ…

値段は張りますがマイスターシュテュック、一本持っておくのはどうですかね。

プレゼントなどにもいいかもしれません。

 

今回は個人的にも微妙な記事でしたが、

この辺で終わります。では。